伊福部昭コレクション

伊福部昭コレクション

Akira Ifukube Collection

  1. TOP
  2. コレクションについて

コレクションについて

ifukubeakira

学長室にて



日本を代表する作曲家で、東京音楽大学の元学長、元民族音楽研究所長、名誉教授である伊福部昭(1914-2006)は、管弦楽曲「日本狂詩曲」「交響譚詩」「シンフォニア・タプカーラ」、バレエ曲「サロメ」「人間釈迦」、合唱頌詩「オホーツクの海」など多くの作品を残しているが、クラシック音楽界以外でもよく知られているのが映画『ゴジラ』などの映画音楽である。

2021年春、ご遺族および関係者より、本学に寄贈された資料は、楽譜(手稿譜、手稿譜コピー、印刷譜ほか793点)、書籍(238点)、雑誌(20点)、録音・映像資料(163点)などのほか、民族楽器、紙腔琴など総数1243点に及ぶ。さらに、愛用のピアノが寄贈されることになった。

東京音楽大学付属図書館は、2022年度より、これら「伊福部昭コレクション」の資料を整理し、目録を整備し、利用者に提供する準備にとりかかる。(当面の資料利用については、学内者、学外者とも、必ず事前連絡が必要。)

2021年12月 東京音楽大学付属図書館